忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
Party Syndromeの現場に踊る足跡の記録。


 491 |  490 |  489 |  488 |  487 |  486 |  485 |  484 |  483 |  482 |  481 |
ツイートでは見る相手を選ばないので、その分だけ話題を選ばないといけない。
後書きページをわざわざ作るほどじゃない。
そういうわけで、製作過程のようなものはブログに残すことにしました。
どこかに書いておかないと、忘れてしまうから。未来の自分との対戦に備えて。
(変な意味じゃないです。最近はとにかく過去の自分を超えることを目標にしているというだけです。)

しかも書いてたらどんどん長くなっていく。やっぱりブログで良かった。

続きは今回の番外編をもう読まれたか、ネタバレ気にするほど読んでない方なら、ただの呟きにしか見えないと思います。
気にするのは自分だけかな?




----------

番外編企画のコンセプトは「未回収の話をできるだけ拾え」と「本来の主役にもっと光を」なんですが、今回は同時に「影の薄い脇役にも光を」ということで、ブラッドの過去話をメインに組み立てました。
時期はChapter13の直後。12まで読んであれば大丈夫なよう調整したかったですが無理でした。
でも番外編だけでも起承転結が成り立つようには意識しました。さすがにこの話から入る人はいない、とは思いますが。


最初に頭にあった場面は後半の吸血シーンです。
約束が果たされたことは本編を書いているときからはっきりと決めていました。
でもその前後にどんな会話があったのかは考えていなかったんですよね。当時は次に書く話も決めていたし(Chapter14以降では13の後のことに触れていない)。

でも他の脇役たちのうちアッシュやウィルは騒動に関わる経緯を最初に語っていますし、祐子は本編前半で身の上話をする機会があったのに、ブラッドだけが謎のままで不公平という心残りはありました。

で、去年。
ふとしたきっかけで「書いてなかった場面」の一つを試しに文章に組み立ててみたところ、いけそうな手応えをつかんだので、番外編企画をやってみようという思いが芽生えました。
もちろん誰得だというのはわかった上で。
(当時はツイッターもやってなかったし、カフェパ以外のつながりなどもう皆無に等しかったし。)
いろんな話を考えるうちに集約された、これを書こう、という3つのテーマの一つが吸血鬼の話でした。

でも当初は、引っ越しというキーワードはありませんでした。
会いに行って、献血しつつ恋人への想いに耳を傾ける。くらいの。
しかし3つのテーマのうち他の話がプロットを組み立てていくうちに長くなり、番外編だけど本編と同じ7話の構成にしようと考えてから、こっちにももう一つ二つトピックを盛り込めるかもしれないと思い立ちました。
そこで話への導入と本編からの橋渡しとして、一連の引っ越し作業、そしてAの退院直後の話が加わりました。
きっと場面転換がほしかったんでしょうね。自分の表現力では、男2人がただ茶飲み話をするという場面だけを描き続けるのは、ちょっと無理があったから。(もともとが展開のめまぐるしい物語なのでなおさらに。)


結果的に、Aで主人公の立場を示して、Bから今回の主要テーマに触れて……という構成に出来たのは良かったかな、と思っています。
吸血鬼の行動にしても、単なる協力へのお礼以上の意味も持たせることができた(はず)ですし。
本編でもここまで一人一人への想像を掘り下げられたらよかったんですが。

あと、最初はイメージに入ってこなくて出演見送りと思われていたキャラたちが書き進めるうちに想像の世界に帰ってきてくれたので、単調な話にならずにすみました。
(まさか桂ちゃんの実力行使をもう一回書くことになるとは思ってなかった。)
裏返せば少々ごちゃごちゃになってしまったかもしれないけど、あれはああいう作品だから……番外編でいきなり作風変えてもしょうがないから……
「そうでない」話は今後出します。


反省というか不足してるなと思った点としては、恋愛要素。
はい、地の文とモノローグを活用して割愛しました。逃げました。
これはひとえに自分の語彙不足、表現不足、想像力不足につきます。
最近は漫画も読まなくなったし、テレビドラマや映画も見るものはおおむね非恋愛に偏っているので、どうも具体的な描写へ持って行く材料が足りなかったようです。
ブラッドと薫さんがいちゃいちゃしてる場面も、書けるものなら書いてやりたかった!(笑)


他の作業の合間(読み込み時間)とかに少しずつ書いてましたが限界になってきたので今回はこれにて終了。
また何か思い出したり質問を浴びせられたりしたらツイッターで答えるかまたここに書きます。
出かけて帰ってきたら来週掲載分の準備してくる!
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
Copyright(c)  狂宴症候群  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA   * Photo by photolibrary   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
Rista
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
化屋月華堂(親サイト)&カフェ「パーティ」(子サイト)管理人。今のところ活動は後者の方が活発。
一応今は社会人なので控えめに動いてるつもりだが、その割に子供じみた言動も多々ある。自覚あり。

ちなみにブログ名は“カフェパにのめり込んで離れられなくなった人”を指す造語に由来。
あなたは大丈夫ですか?
最新コメント
[04/30 西山太吉]
[12/29 NONAME]
[10/24 NONAME]
[10/18 NONAME]
[04/26 名無しさん]
ブログ内検索