忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
Party Syndromeの現場に踊る足跡の記録。


 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
Twitter300字SS 第三十二回参加作品
お題「色」
ジャンル:オリジナル、ある人々の特別な時間
注意書き:制限事項なし
#Twitter300字ss

---

誰もが黒い服を着ていました。
白い物ばかり置かれている部屋に案内されました。
あなたは真っ白な衣装を着て、白い箱の中に飾られていました。
眠るあなたの周りだけはパステルカラーに彩られていました。

そこかしこですすり泣く声がします。
ここには悲しみがあふれているはずなのに、あなたがいる場所だけは嘆きも涙も浄化されて消え失せたような、美しい輝きに満ちていました。
不思議ですね。あなたがいるその場所こそ悲しみの中心なのに。

今日、私はあなたの隣で、あなたへ書いた最後の手紙を読みました。
私がマイクの前に立って喋っているとき、あなたは何を思ったでしょう。
「ありがとうね」
あなたの好きな言葉、今日は私に言わせてください。

---
PR
Twitter300字SS 第三十一回参加作品
お題「散る」
ジャンル:オリジナル、ある人々の日常
注意書き:特になし
---

 従兄弟が小学生になった。
 ついこの前まで赤ちゃんの顔だったのに、叔父が送ってきた写真の中で胸を張る姿はすっかりお兄ちゃんだ。
「これ入学式?」
「見れば分かるでしょ」
 弟が後ろから強引に覗き込むのでタブレットを渡してやったら、何を探しているのか、しつこくページをめくっていた。
「だって姉ちゃん、この前の卒園式の写真」
 同じく叔父から送られた先月の一枚にはどうも頼りない幼稚園児が一人。さっき見たランドセル姿と同一人物に見えない。
「桜が散ってる。こっちは散ってない。不自然だよ、合成じゃないの」
「まさか桜がみんなソメイヨシノだなんて思ってないよね」
「えっ」
 しっかりしてくれ新一年生。中学でそれ言ったら笑われるよ。

---
Twitter300字SS 第三十回参加作品
お題「飾る」
ジャンル:オリジナル、ある人々の日常
注意書き:特になし

---

 三月四日。商店街の店が一斉に模様替えして、ひな祭りの装いが消えた。今日からホワイトデーが最大勢力、次点に卒業祝い。
 私は玩具屋の店頭に飾られた二体のテディベアの着せ替え中。お内裏様から学ランに変身。お雛様から振袖と袴に換えたところで、手が止まった。
「あなたがこうやって二人で来てくれるのはいつかしら」
 店主つまり母の昨日の一言に今頃腹が立って、卒業式イメージの小道具を並べるのをやめた。金屏風は回収、畳風の台座には埃を被った売れ残りを散らして。

「見て、懐かしい」
 散歩中の老夫婦が足を止めた。
「あれテレビで見た」
 女の子がガラス窓に飛びついた。

 百人一首かるたが急に売れ始めた理由に母が気づくまで三日かかった。

---
Twitter300字SS 第二十九回参加作品
お題「氷」
ジャンル:オリジナル、ある人々の日常
注意書き:特になし

---

 彼女はオレンジジュースのふたとストローを取って、カップの底にたまった氷を一気に口の中へ注いだ。
 ごく自然な動作だったから最初はスルーしたけど、空のカップが目に入った瞬間、つい聞いてしまった。
「何してるの」
「氷を食べてる」
「食べるの?」
「だって氷も食べる物でしょ。これやると変な目で見る人多いけど。実際食べる用の氷も売ってるし。かき氷なんて専門店まであるのに」
 彼女は真顔で氷をかじっている。
「まさかそのまま捨てるの。氷」
「えーと」
 常識で言えば、だけど、ここで友達を敵にしたくない。
「……溶けた氷を飲むことは、あるけど」
「あー、そっち派」
 納得された。
 心の中で謝った。たまに、だよ。今みたいに気まずいときとか。


---
Twitter300字SS 第二十八回参加作品
お題「火・炎」
ジャンル:オリジナル、ある人々の日常
注意書き:競技ダンスは雑誌での紹介程度の知識しかないです

---

 表彰式を控えたホールの片隅で、あるカップルの口論を見た。
 町の小さな競技会、参加者の実力はたかがしれている中、その二人は飛び抜けていた。燃え盛る炎のようなダンスに会場の全員が目を奪われたはずだった。でもなぜか二人は優勝どころか入賞も逃したのだ。
「あなたのせいよ! そんなに私と踊るのが嫌なの?」
 女が可能な限りの小声で怒鳴る。
 相手の男は無表情を崩さない。
「とぼけないで。最後に審査員のこと睨んだでしょ」
「何の話だ」
「わざと自分の評価下げさせるなんてありえない! どうせなら勝たせてよ!」
「現実を見ろ」
「あなたに言われたくない!」
 詰め寄る女の真っ赤なドレスが怒りに震える。今にも炎がフロアに燃え移りそうだった。

---
Copyright(c)  狂宴症候群  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA   * Photo by photolibrary   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
Rista
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
化屋月華堂(親サイト)&カフェ「パーティ」(子サイト)管理人。今のところ活動は後者の方が活発。
一応今は社会人なので控えめに動いてるつもりだが、その割に子供じみた言動も多々ある。自覚あり。

ちなみにブログ名は“カフェパにのめり込んで離れられなくなった人”を指す造語に由来。
あなたは大丈夫ですか?
最新コメント
[04/30 西山太吉]
[12/29 NONAME]
[10/24 NONAME]
[10/18 NONAME]
[04/26 名無しさん]
ブログ内検索